ラジエーターホースその22017年01月24日 21時39分59秒

その1より続く。

前回はオイルクーラー廻りなど一部対象が漏れていたので今回残りも交換することに。

9Rラジエーターホース 016

9Rラジエーターホース 017

バックオーダーの嵐であったが、必要な部品全て入手できた。
ただ納期は掛かる。

9Rラジエーターホース 018

9Rラジエーターホース 019

9Rラジエーターホース 022

9Rラジエーターホース 032

仕様によりキャブヒーター付。
元々殺していたが、今回撤去した。
国内でも付いている例あるが個人的には不要と思う。

9Rラジエーターホース 023

9Rラジエーターホース 024

9Rラジエーターホース 025

9Rラジエーターホース 026

9Rラジエーターホース 030

9Rラジエーターホース 027

9Rラジエーターホース 029

9Rラジエーターホース 031

各部品交換。結構腐食が進んでいる。

ファンスイッチ 002

ファンスイッチ 003

ファンスイッチも交換。
残るはラジエーターとファン、リザーブタンク廻りのみ。
こちらは必要ないと判断。
最後はポンプ関係。ポンプシールは交換必要か。

9Rラジエーターホース 034

クーラントは今回これを選択。
各種あるのでお好みで。

17インチ化その102017年01月20日 21時40分57秒

人生色々で、驚くようなこと多い。

電話がなる。
前メールしてきたやろ。
ということはメアド知ってるな。
うちのメアド教えてくれるか。
!!!
何でわからんのや!
思わず、何笑わしとんねんと突っ込みそうになったわ(笑)。

その9より続く。

ある日、走行中に突然雨が降ってきた。
フロントフェンダーはノーマルであるので17インチでは不足かと思われた。
実際ハスクでは走行中にフロントタイヤから上に舞い上がる水がはっきり見えるのだ。
しかし意外にもDトラではそうではなかった。
ただし足はすぐに浸水した。
タイヤからのセルフぶっかけとやらだ。
よって前側の長さは十分だが、後側は短いということになる。
何か対策考える必要あるが、19インチのオフはもっと激しいということになるが。
ステップがノーマルよりも激しく後退しているので浸水しにくいはずという疑問もある。

ならば後はどうか。
フェンダーレスとしてから暫くになる。
やはりそれでは泥はねは避けられない。
クラウザーが盾となるが完全には防御できない。
背中は大丈夫だが、後頭部が汚れるのだ。
まずはこちらの対策から。
アレをやるか。

17インチロングリアフェンダー 001

17インチロングリアフェンダー 012
数年前に入手していた外品ロングフェンダー。
約8センチ長い。
わかりにくいが、色が微妙に違うのはご愛敬。
穴が微妙に合わないのはありがちなパターン。

これを使うのは良いが、テールランプの位置が相対的に奥となるため位置の
調整も必要となる。
クラウザーの陰に隠れて見にくいウインカーの位置もこの機会に調整する。

17インチロングリアフェンダー 004

17インチロングリアフェンダー 010

色々考え、紙で試作。なかなか良いではないか。

17インチロングリアフェンダー 014

線の長さ足りなくなるため延長。

17インチロングリアフェンダー 017

17インチロングリアフェンダー 020

17インチロングリアフェンダー 021

17インチロングリアフェンダー 024

17インチロングリアフェンダー 025

試作をふまえて本ちゃん完成。気分で黒にしてみた。

17インチロングリアフェンダー 031加工

17インチロングリアフェンダー 032加工

17インチロングリアフェンダー 033加工

17インチロングリアフェンダー 034加工

完成。
テールランプやウインカーの位置もばっちり。
見た目のバランスも良し。
ウインカーの位置相当下がったのがわかるだろう。
ただ、フェンダーとテールランプの隙間が気になる。
紙は剛性がないので、試作時にはそれに気づかなかった。
それだけが惜しかったな。
商品にしようと思えばもっと詰める必要あるが、個人で使うにはこれで十分。

ハスキーその12017年01月16日 21時44分56秒

ある日のこと。
赤とか青とかはもうええんぢゃゃあぁぁ!
と突然ブチち切れた。
その辺は定番であり、メーカーの色設定はその辺りに集中している。
故に他の選択肢がない場合多い。
ならばアレしかないな。

レース用として外装一式持っていた。
ほとんど使うことなく眠っていたが、それを使うのだ。

ハスキー街乗り 001

ライトカウルはレース用しか持っていないため今回入手。
模様がないと寂しいので、シュタウドのステッカーも入手。
外品ではレプリカもあったような気がするが、派手なのは必要ないので全て純正。
一部は欠品となっている。
KTMとなってしばらくたつ。欠品となると再販の可能性極めて低いようだ。
外車で旧車。最高やろ(笑)。
かなり厳しい現実。
車ではなく、メーカーが潰れるというのはイタ車の恐ろしさ。
ともかく作業開始。まずはお面から。

ハスキー街乗り 002

ハスキー街乗り 007

色違いの部品以外は全て流用する。
ライトだが、何故か取り付けできない。
元のはどうなっているのか。

ハスキー街乗り 008

何と、穴を広げた痕がある。
さすがはイタリアや(笑)。
この程度で騒いでいるようでは、イタ車はやめておいた方が良い。
しかしライン上でこんなことをしていたとは考えにくい。
どうしていたのか?

ハスキー街乗り 009

ハスキー街乗り 010

穴を広げてライト取付。
固定用バンドも移し替える。
しかしこれは今市である。走行中にバタバタしているのが見えるのだ。
どうにかならんかと思いつつここまで来てしまった。

フロントフェンダーは何事もなく楽勝であった。
しかしシュラウドは。
持っていた外装は純正と外品の混成なのだ。
純正で既に長穴になっているのに取付困難だったりする。
シュラウドは外品のためさらに困難であった(笑)。
最後はハンドパワーで。

ハスキー街乗り 015

リアフェンダーも外品。
テールランプホルダーとの隙間が気になる。微妙に形状が異なるのか?
取付位置の調整で対応した。

リアフェンダーはこれで終わらない。
箱取付のため、加工が必要なのだ。

ハスキー街乗り 016

ハスキー街乗り 017

ハスキー街乗り 018

ハスキー街乗り 019

ハスキー街乗り 020

ごついドリルは使うことはないため持っていない。
そのためリューターで穴を広げたがかなり時間掛かった。
削りかすも非道い。

ハスキー街乗り 021

サイドカバーも干渉。
切るのにも限度がある。今日はこの辺で許しといたる。

ハスキー街乗り 022加工

ハスキー街乗り 023加工

暫定仕様完成。
青もだいぶ含まれているがそれはそれで(笑)。
ここまで来るのに10時間ぐらい掛かった。
フォークガードは気にしていなかったが、ハスキーの場合は青であること発覚。
黒だと変である。
サイドカバーの柄も必要ないと思っていたが、無いと寂しい。
フォークガード共々発注した。
追加手配が増えたため費用は当初予定よりかさんで…

シートも青であるのは知っていたが、それだとドス黒くなるのは必至なので
敢えて除外とした。

続く。

キャブその11~バキュームゲージ2017年01月13日 21時39分31秒

週末は大雪とやらで騒いでいる。
雪国でも事故頻発のようだ。
四駆でも空回り。己だけでは脱出不可能。
地元民と思うが、雪を完全に舐めとる。
アホちゃうんか(笑)。

今に始まったことではないが、滑るとか滑らんとかも騒いでいる。
験担ぎばかり。
何もかも神頼み。
まず己の実力あってこその神頼みと思うが。

その10より続く。

色々やっていたが時間あいたのでどこまでやったかわからなくなった。
まずは下から。
スローを絞りつつ。
エアスクリューの調整は難しい。
空燃比わかってもそれは4気筒の合算である。
触っていると空燃比変化するが、それだけで調整するのは不可能である。
単気筒なら簡単だが。
回転数の変動も意外にも少なく、違いがわかりにくい。
変に触ると逆に調子悪くなるため規定値から変えないことにした。

ストレート径違いの針も試す。
環境にも影響されわかりにくいことも多い。
開度と空燃比わかってもロガーがないと記憶するしかない。
よって使い方が難しい。

ここで気になったことがある。
同調はどうなっているのかと。
まずはここから始めるべきだが、それは意図的に避けていた。

ストレートバキュームゲージ 002

以前から某S社のバキュームゲージ持っていたが、新品の段階ですでに針の位置が
微妙にばらついている。何なんそれ(笑)。
所詮、目安と考えるべきなのか。
否。
やはり計器というのは正確であることが重要なのだ。
というわけで1回も使ったことはない。

興和バキュームゲージ 005

興和バキュームゲージ 001

興和バキュームゲージ 002

興和バキュームゲージ 003

というわけで有名メーカーである興和製を入手。
通販では定価の半値ぐらいで売っている。
世の中おかしいことが多すぎる。
通販が安いのではなく、定価が高すぎると思う。
カワサキ純正も同じ物らしい。物は確かである。

バキューム調整 006

バキューム調整 015

バキューム調整 008

バキューム調整 010

バキューム調整 017

エンジンの各気筒には負圧取り出し口がある。
ノーマルは2箇所を2次エア用に使っているが、それはすでに殺してあるので外していた。
4気筒分揃えるため、キャップも合わせて足りない分入手。

バキューム調整 001

バキューム調整 004

バキューム調整 005

これぐらいのばらつきだと、良好との評価もある。
今回初めてのことなので判断できないが、ばらつき感はあるのでもっと詰める
必要あるように思う。