ミッションオイルその32016年11月27日 15時59分40秒

その2より続く。

この問題発覚してかなりなるが、例のディスクのせいで放置していた。
ディスク取り付けたならこれに対処する。
水のレベルが明らかに下がる。つまりどこかで漏れている。
外部に漏れていないし、シリンダ内に出ている風でもない。
ということはウォーターポンプシールからの漏れだろう。
国産では通常、ここから漏れるとすぐにわかるよう外部に出るようになっているとか。
しかし、そこはイタリア。日本の常識はイタリアの非常識。
というわけですぐに確認できなかったのだ。
部品はすでに1年前に入手していた。
放置プレイの鬼か(笑)。

柿色KTMの傘下となって暫くなるが今のところ部品供給で困ったことはない。
納期が多少掛かる程度である。
マイチェンしつつ、長いこと売っていたということも関係しているのか。
しかし…

国内メーカーの方が供給が悪いという話もある。
本田なんか、ネット上ではぼろんちょんに叩かれている。
これh他も同じで、あれほど売れてまだ相当残っているであろう忍者でさえ
廃盤の嵐で維持困難となっているらしい。

ミッションオイル白濁 013

クラッチカバーをばらす必要があるが、オイルを抜くとこのとおり。

ミッションオイル白濁 016

ミッションオイル白濁 017

ブレーキペダルが邪魔などとは意表をつく展開。
カバー裏の微妙な汚れも気になる。

ミッションオイル白濁 019

えらい固着している。
ここ開けるのは初めてだからか。
プラハンでしばく。しばく。しばく。
その時パキィと音がして何かが飛んでいった。

ミッションオイル白濁 018

なんと羽根は樹脂製。
それを勢い余って破壊したようだ…
樹脂製で手で緩むし。これでは扇風機とかわらん!
国産では金属が普通と思うが。
ともかくこれは無視して作業を進める。

ミッションオイル白濁 020

ミッションオイル白濁 021

固着と思いきや、ポンプ室にもう1本ボルトがあっただけだったというオチ。

ミッションオイル白濁 023

ミッションオイル白濁 025

ミッションオイル白濁 026

シールを取り外す。
内輪の表面を見ると、微妙に腐食したような形跡がある。
やはりここからの漏れか。

ミッションオイル白濁 027

ミッションオイル白濁 028

ミッションオイル白濁 029

新品のシールを打ち込む。
専用工具よりソケットの方がサイズ合わせやすく好都合。

オイル交換したぐらいでは変質したオイルは全て排出されない。
ここで大量のクリーナー攻撃で変質したオイルを洗い流す。
クリーナーをケチらずにガンガンに吹かす。

まだ続く。

KYBその22016年11月24日 21時38分52秒

その1より続く。

部品入手したら交換するのみ。
自分で出来ないことはないと思うが、なにかと大変であるので業者に依頼する。

KYBショック 014

KYBショック 015

さすがにプロは手際よいようで、1時間ちょいで作業終了。
自分でやっていたら丸1日必要か。

外からはほとんど見えない。
中身で勝負や。

KYBショック 016

KYBショック 017

KYBショック 018

KYBショック 019

KYBショック 022

KYBショック 023

KYBショック 024

KYBショック 025

KYBショック 026

こちらはノーマル。
見た目はまんま同じ。というかボディは共通だろう。
セッティングだけの違いか。
前を押してみると全く伸びてこない。

なんと前はガスが入っていないこと発覚。
それでも成り立つが、安定性がイマイチではないか。

同時にやったわけではないので、正確ではないが押した感は変わらないような…
両方とも圧側は弱い。弱すぎる。
伸びは違いがわかりにくい。

さて試乗である。
高速からせせこましい峠まで走ってみた。
正直、大した違いは感じられない。
無用な動きが収まるのがマシになったような気がする程度。
少ないストロークでは細かく動いているようだが。
高速の路面継ぎ目に反応する。表現が難しいが速度域によりリズムが変わる。
ある所は良いが、他はイマイチ。
伸圧共、もっと効かす(動きを抑える)方向だと思う。
比率でいえば8~9割が4ナンバーであるのでそれに合わしてあるのか。
ばねは仕様により異なっているらしいので全部共通では相当無理がある。
スーパーロングハイルーフは当然、重く重心高いので奥に入りやすいはず。
ダンパーが弱ければすこっと入り、すこーんと伸びる。
そんな感じ。
タイヤはスタッドレスのためそれが影響している可能性あるが、 掛けた費用を
考えると不満が残る。

貨物は安全性や快適性はほとんど考慮されていない。
高頻度、長距離を走る貨物ほどそれが重要と考えるが、メーカーもユーザーも
それが当然と考えているフシがある。
それ故にダンパーだけで難しい。

KYBその12016年11月21日 20時59分02秒

いつ頃だろうか。足回りがブワブワするようになったのは。
1万も走ってない時だったような気がする。
その現象とは。
いつまでも動きが収まらない。ばねだけになったかのような動きだ。
動きが収まらないのは伸び側が弱いため。
しかし圧側も効いていない。ひょっとして圧側は0か。
いやそれはないと思うが、すこっと奥に入ってしまうのだ。
いずれにしても圧側は重視されていないのは間違いない。
このままではイカンと思いつつ、そのままとなっていた。
しかし、ついに我慢の限界に達しブチ切れた。
ようやく決断した。

二輪とは違い、サスとはばねだけを指す。
ダンパーもセットで考えないと意味がないのだが、四輪では車高短ばねが
一般的なのでそういう扱いなのだろう。

要はダンパー交換なのだが、こちらはショックと言われる。
灰とは違って選択肢が少ない。消去法でいくと必然的に決まってくる。

KYBショック 001

KYBショック 002

KYBショック 003

KYBショック 004

KYBショック 005

KYBショック 006

KYBショック 007

KYBショック 008

KYBショック 009

KYBショック 010

選んだのはKYB ニューSRスペシャル。
ノーマルよりちょい硬めぐらいという。
むやみに締める必要もないのでそれぐらいでいいだろう。
しかし、キャラバンE25型では全年式全グレード共通という。
ボディサイズの違いだけではない。
4ナンバーメインだが乗用も存在する。
それらが同じセッティングであるとは考えにくい。
見た目は同じでも設定が異なっていて当然ではないか。
そんな疑問はあった。
しかし他はどうやねん。
というわけでKYBに決定。カバヤではない。カヤバだ。

品番はNSF2104とNSF2105となる。
不思議だが1本売りもあるが、無論1台分もある。
そちらの方が安い。
4万弱だが、通販では結構安売りしている。
定価の設定がおかしいのだろう。

作りは原付にもある、胴体が溶接されている構造。
つまりはばらすことは当然考えていない。
安っちいのだ。
そういうものか。
ガス封入のため常時伸びようとしているが、手で押してもなかなか伸びてこない。
かなり遅い動きだ。
ダンパーが効いているのか。
否。
ダンパー単独で考えてもしょうがない。
貨物故のハードスプリングであるので実際にはどうか。
重量は左右でほとんど違いはなかった。
純正品も作るだけのことはあってばらつきは少ないのだろう。
圧側も抵抗感あるが、伸びと比べると無いのと同じ程度。
ダンパーをしっかりと効かせ、無用な動きを抑えるのが好みだが。

その2へ続く。

クラウザーその22016年11月15日 22時06分43秒

その1 より続く。

以前の取付方では脱着が非常に面倒であった。
シート外すのにこの辺り全部ばらす必要あるのだ。
それを考えるのは当然。
またクラウザーは必要なときだけで、普段はジビを使う。
よって簡単に交換できるないといけない。
色々検討したならばいよいよ製造に入る。

Dトラクラウザー 002

Dトラクラウザー 004

Dトラクラウザー 011

グフの下には土台。
大人の事情あってこのような形に(謎)。
何でもできるわけではないという現実。

Dトラクラウザー 035

キャリアへはUボルトで固定。
前はアルミだったので無限に締まる。つまりは変形する。
補強板も付けたが全くもって役立たず。
アルミでは心許ないのでステンを選択。
おかげでずしぃとした超合金のような重量感が。
うまいことしたら、そのままシート外せた模様。そこまで考えてなかったわ。
何事もやってみないとわからないこと多い。

Dトラクラウザー 015

ジビの場合はそのまま土台取り付けるだけ。

Dトラクラウザー 005

Dトラクラウザー 007

Dトラクラウザー 008

Dトラクラウザー 018

Dトラクラウザー 022

Dトラクラウザー 025

Dトラクラウザー 026

クラウザーの場合は土台の上に、さらに土台。
3階建てとも言う(笑)。
そうしたのはクラウザーの土台の方がはるかに大きいため。
ジビの時、はみだしてもよければひとつ減らせたが、それはアレすぎる。

クラウザーもステンとしたが、こっちはアルミで十分だった。
そのため箱をもう1個買えるぐらいの費用掛かった。

アミバ03

などと思っていた。
しかし、甘い。甘すぎる。
シャアにばっさり斬り捨てられるガルマのようなもの。
まだまだ修行足りんようだ。

Dトラクラウザー 032

Dトラクラウザー 033加工

Dトラクラウザー 034

この圧倒的ボリューム感。
14インチだったら超ちんちくりんになるだろう。
これでも後方視界に影響はないしすり抜けも同様。
ミラーをかわせたら後もいける。猫の髭と同じこと。
箱の前端は前と同じとしている。タンデムはしないという前提だ。
ポジションは余裕である。

Dトラクラウザー 031

ジビは真ん中から蓋が開くが、クラウザーは天蓋のみ。
ヘルメットを入れないのならこちらの方が使いやすい。

Dトラクラウザー 030

カッパその他入れてもまだまだ入る。

出来てみれば詰めが甘い部分多々ある。
思わず作り直したくなるが…
商品にするなら更なる改良必要であるが、自分で使う分には妥協できる範囲。
しかし暫く使ってみて一部改造することになるだろう。