スイングアームとリンク2017年07月12日 21時38分38秒

世の中、訳わからんこと多い。
パチンコ屋の前を通りかかった時のこと。
立て看板には空気清浄機導入とある。
それを見て思わず失笑がもれる。
一人1台にしたところでタバコの煙に追いつくはずはない。
どういうつもりなんやろ?

昭和の時代には店の中に「雲」が漂っているなどと言われた。
今はそこまでではないと思うが、相当に強烈だろう。
壁にある通気口に黒いタールこびりついていたりする。
店の周辺も激烈な臭ささ。
付近の住民は店にガソリンまいて、火つけたりしないのだろうか。
俺は近寄らない。
当たらなければどうということはないのだから。

スイングアームとリンクのベアリングにグリス塗っていないという話ある。
後の動きよくないのは事実。
どうなっているのか確認しておきたい。
そのためにステップを交換したのだ。
それってどうやねん、と思いつつ(笑)。

リンクベアリング 003

リンクベアリング 007

固定式ステップだとステップスタンドが使える。
邪魔なサイレンサーも外した方が作業しやすい。

リンクベアリング 016

ピボットはカラー付と凝った構造。

リンクベアリング 004

リンクベアリング 005

ハードすぎると不評なリアサス。メーカはエンデュランス。
知らんわ。地場メーカーか?
日本のエンデュランスとは関係ないだろう、たぶん。

リンクベアリング 008

スイングアームは2亀頭と似ている。
部材は同じで必要な所を調整しているだけと思う。

リンクベアリング 013

リンクベアリング 015

リンクベアリング 020

リンクベアリング 017

ベアリング入りなのはスイングアームの根元だけで他は樹脂製ブッシュ。
リンクロッドもド鉄。
2亀頭も同じだが、原付っぽい作りが哀しい。
寸法的にベアリングを入れるのは無理だろう。

リンクベアリング 018

リンクベアリング 009

リンクベアリング 014

一応、各部にはグリス塗布されていた。
次に開けるのはいつかわからないため、これでもかというぐらい塗っておく。

リンクベアリング 019

シールやベアリングは信頼の日本製。

リンクベアリング 022

割ピン大好きなカワサキ。
10Rなんかも今でもそうだったりする。
何時まで使っとんねん、と思っていたら鈴木の忍者1000も割ピンだった。
業界3位と4位は上と違うのであろうか。
それはともかく、仕上げ悪い。
Uナットに交換した。

肝心の動きはどうか。
ばらすことに集中していたので作業前の動きは確認しなかった。
つまりは前後での変化はわからない。
場所的に作業しづらく、力も入りにくいのでそこまで頭が回らなかった。
作業後、動かしてみたが微妙な感じ。

復旧後ともかく試乗。
細かい動きは良くなったような気がする。
しかし突き上げは相変わらずかなり来る。
セッティングがハードすぎるという結論となった。

さらばKX2017年07月10日 21時21分15秒

KX売却 001

SL購入に当たり置く場所確保するためKXを処分することになった。
ここ数年はただ持っているだけだった。
もうええわ、いうこと。
しかしながら無くなるとなれば惜しいような気がしてくる。
実に勝手なものだ。
場所だけでなく資金の都合もある。

処分後、クレームを受けた。
スローとメインが入っていないという。
キャブは外した状態で保管していたが、ジェットはどうしたか覚えていない。
処分の前にエンジンを始動したが調子悪かった。
放置プレーしていたからだろうと思っていたが、そんなこととは。
ホンマに全く覚えていない。
ジェットはどうしたんやろ?

どっかにあるはずや。また探すわ。
もうエエ!こっちで用意したわ!とメッチャ怒っていた(笑)。

ジェット無しでもエンジン掛かるとは。
ジェット無しだと何番ぐらいになるんやろ(笑)。

ウインドジャマー2017年07月07日 22時03分20秒

花粉症の季節にバイクに乗るのは厳しいものがある。
要は当たらなければどうということはない。
ヘルメットとマスクの組み合わせは色々やってみたが、いずれもうまくいかなかった。
よって結果的に当たり放題という結論となった。
シールドを閉めると前面はガードできる。
無防備なのは下の開口だけなのだ。
ここを埋めることが出来れば…と思いつつ時は流れた。
そんな時これを発見。

ウインドジャマー 001

ウインドジャマー 003

ウインドジャマー 004

ラフ&ロード扱い、ウインドジャマー。
ヘルメットの縁に取り付けるカバーだ。
下側からの風の巻き込みがあると思っていた。
それに花粉も一緒についてくる。
隙間塞げばもう当たることはない。

ウインドジャマー 009

ウインドジャマー 010

ウインドジャマー 013

伸縮性のある生地でできている。
臭いが微妙。
汎用品となる。
取付は両面テープだが、割とテープの範囲広くインカムと干渉する。
そんなに縦幅必要ないと思うが。
電源線通すため穴を開けた。

ウインドジャマー 011

両面テープは360°貼っている。
いきなり実戦、生本番では失敗すると思ったので台紙はは剥がさずに被せてみた。
かなり引っ張らないと取り付けできないため台紙はあちらこちらでビリビリに。

ウインドジャマー 015

ウインドジャマー 017

ウインドジャマー 018

取付完了。
縦幅あるので見た目もこれまた微妙。
色によってはかなり目立つだろう。
最小限に切って縦幅詰めるのもありか。

開口を絞ることが目的なわけだ。
そうすると、被るときに耳と激しく擦れる。
耳がそげ落ちるんちゃうかと思うほど。
対策としてはあご紐を目一杯広げて被ることしかない。

雨の中をそこそこの距離走ると首廻りのパッドや頬パッドの底が浸水してくる。
いかに風の巻き込みあるかということだ。
底を塞げば良いことはとうにわかっているのだろうが、そうすると耳が…

さて実際に試してみた。
特に何か変わった感じはしない。
首との隙間はほとんどなくなった。
しかし、花粉を吸い込んでいないような感じはない。
評価が難しい。
そうこうしている内に花粉の季節は終わり…
不都合無ければ年中使うが、やはり耳削げそうなので外した。
すると顕著な変化が現れた。
風切り音が増えたのだ。
良くなる方向ではわかりにくが、悪くなる方向はわかりやすい。
いかに底の空気の流れ悪いか、はっきりした。
アライはモデルチェンジする度に風切り音を抑えたとか、底の空気云々と宣伝する。
しかし。
良くなっていると思ったことはこれまでない。
全くない。
どこが良くなってん!といつも突っ込みをいれてまうわ(笑)。

走行中に聞こえる音は排気音ばかりではない、。
というか風切り音の方が大きいのだ。
高速をガンガンに走ると、風切り音で難聴になるという説もあるようだ。
形状を工夫したら耳が削げることなく、空気を乱さないようにできると思う。
もっと本気で開発せなアカン。

昭栄は空力重視と強調する。
アライよりも上なのか。
アライよりも静かなのか両方を知るユーザーに聞いてみた。
その答えは。
アライと変わらん。どっちもうるさいっちゅうねん(笑)。

ベビーフェイスのステップその32017年07月05日 21時19分46秒

人生色々。
あれは…
全身アディダス。
それを見るとお前はゲンゾーか!と突っ込みたくなるのは俺だけではないはずだ(笑)。

その2より続く。

各部の角度を考えずに組んでいるのを時折見る。
意外と知られていないようだが、それぞれが成す角度は直角がベスト。
シフトとブレーキ問わずだ。
ブレーキ側はステップの作りで決まるがこれは適切であった。
シフト側は組み方次第。
実際には真の直角はまず出ないが出来るだけ近づけるようにする。

組込完了したら試乗する。
さすがに固定式。ノーマルとは比較にならない剛性感。
やはり固定式やな。
固定式でも物によっては剛性感無い場合あるらしい。
どういうことか。
プレートが弱すぎてそれがしなってしまうとか。
この、ふにゃちんが(笑)。

ベアリング入りのためペダルの動きも良い。
懸念あったブ短いブレーキペダルはどうか。
特にカチカチになるわけでもなく、普通。
軸間は短くてもバーの位置を考えると適切になるようだ。
同社の忍者1000ではどう組んでもカチカチとなる。
カチカチということはブレーキ効かないということ。
しかし本人は良いタッチだと評価していた。
そうか。
本人が良ければそれで良し。
Dトラのビートはホンマに効かない。
効かそうとすれば踵でうりゃ!と踏む必要あるのだ(笑)。
それでコントロールしてみろ。

変化量はどうか。
ノーマルよりは脚が疲れやすい。もうちょっと控えめの方が良いと思う。
しかし暫くすると慣れるのも事実。
だが最も控えめな位置より、きつくするなどという選択肢はない。

ペダルの先っぽはやはり長い。10ほど短くしたい。
ゴム無しの樹脂のみはやはり痛くなる。
当然シフトアップのみだが。
まとまった距離走ると、指の皮むけたりする。
ゴムはつけるべきである。要検討。

ノーマルステップはラバーマウントである。
エンジン側では振動に対処できないほど多いということだろう。
100ぐらいまではリジッドでも問題ないが、120ぐらいになると強めの微振動が
ステップ廻りに出る。
そこそこのペースを維持しようとすれば薄いソールではかなり厳しいのではないか。

ワークスマシーンではバーのローレット凄まじく尖っていることがある。
素手で握ったら血まみれになるだろう。
滑るようでは話にならないのだろう。

ベビーフェイスステップ 027

ベビーフェイスステップ 028

乗っていてグリップしている感じはない。
しかし実際はこのとおり。
つやのない部分がバーと当たっている部分だ。
ソールへの攻撃性はなかなかといえる。
当然だが、シフト側の方が消耗多い。
靴によってはすぐに穴が開く可能性ある。

足許はしっかりしていないと危ない。
昔俺もやっている。
ブーツは持っていたが、その時は履いていなかった。
そのため事故で足首をいわした。
今でもそれを引きずっている。20年以上前のことなんだが。