キャブその6~パイロットスクリュードライバー2016年08月20日 11時40分36秒

よくあることだが、いつも疑問に思うこと。
負けて謝罪することはよくある。
今回は泣いて謝っていた。
誰かのためではなく、自分のためにやっているので謝る必要があるのか。
負けたらぼろんちょんに責められる。
しかし勝ったとて本人に何かするか。

その5より続く。

なかなか作業が進まないが、ちょっとずつやるしかない。
一応、走行可能となったがまだ細かい作業残っている。

9Rには元々からTPSが付いている。
エンジンの負荷変動により燃焼速度が変わるという。
即ち、ベストな点火時期は負荷で変わるということ。
現実の負荷を知るのは難しいので、簡易的にスロットル開度で代用するのがTPSというわけである。
スロットル軸の回転を検出する構造。
また負圧キャブではライダーが操作する開度と実際の開度は一致しない。
というわけでそれほどシビアでもない。
しかしながら、過去に調整した時には結構影響があることを経験済み。
間違いなく性能向上に繋がるということだろう。
この辺も確認しておく必要がある。

FCR-TPS 001

FCRも純正も同じ物のようだ。

FCR-TPS 002

FCR-TPS 003

FCR-TPS 004

ハーネスとTPSの間に接続コネクターを取り付ける。
これは純正特殊工具で前から持っていた。
開度増えると電圧が上がる仕組み。
TPSの取付位置で電圧が変わる。
その電圧をテスターで読み取る。
アイドリング時は純正の範囲内だが、全開時はやや高め。
スロットル軸の回転角度はFCRの方が大きいのか。
合いマークがあることから京浜で調整しているようだ。
上で合わせるか、下で合わせるか。
検討の結果、調整の必要はないと判断。

続いてはパイロットスクリューの調整を。

ロングパイロットスクリュー 001

理由は不明だが、フロート室カバーのかなり奥に存在するため非常にさわりにくい。
そこで…

ロングパイロットスクリュー 002

スズキ純正ロングパイロットスクリューを入手。1個400円以下と安い。
FCRで調べていてヒットした。
その筋?では有名らしい。
すり割り部が長いだけで外はFCRと同じ寸法とか。

その課程で直接手で回せる品物も見つけた。
しかし怪しげな社外品であるため、そちらはパスした。

ロングパイロットスクリュー 003

ロングパイロットスクリュー 004

ロングパイロットスクリュー 005

ロングパイロットスクリュー 006

見てのとおりでFCR純正とは全然違う。
それでもまだ奥に位置するが、元からは雲泥の差。
なんで最初からこうしないのか。
ここからようやく調整作業に入る。

パイロットスクリュードライバー 002

パイロットスクリュードライバー 001

パイロットスクリュードライバー 003

ダウンドラフト故に、フロート室下はガラガラである。
しかし、うまくいかないのである。
ここではドライバーは短い物が使いやすい。
割と短い物はあるが完璧に合うと言えるものはない。
つまりは適当なドライバーが存在しない。
パイロットスクリューの穴は意外と小さく、先っぽが入らない。
PBは他とは違って刃先がテーパーでなく平行となっている。
これだと相手に噛みやすい。
穴に入らないことには話にならないため、幅を詰めて対処。
しかし、それだけでは不足だ。
グリップがごつく、回すには難がある。
気筒により水回りが邪魔となる。
うむ…

パイロットスクリュードライバー 007

パイロットスクリュードライバー 008

パイロットスクリュードライバー 009

このドライバーは新品を用意したが。
どうやらお前は最高の木人形(デク)のようだ(笑)。
容赦なく斬り、そして細くする。
各面に番号を振ると回した量がわかりやすい。
この辺は各自苦労しているようで、改造したり作ったりはよくあるようだ。
これで解決と思われたが、4番はまだどうにもならない。

パイロットスクリュードライバー 010

パイロットスクリュードライバー 011

さらに改造する。
グリップをとことん細く。
究極には軸だけだが、さすがにそれでは回すことは困難となる。
今日はこの辺で許しといたる!
先っぽもさらに幅を詰める。

これで使えるレベルとなったがそれでも使いやすいとはいえない。
エンジン掛けながらの調整となるが、無論エンジンは熱いわけで。
気をつけていても熱い部分に触ってアツー、アツー、アツーとなる(笑)。

しかし。
4番は軸の短さが問題となる。

パイロットスクリュードライバー 017

パイロットスクリュードライバー 018

パイロットスクリュードライバー 019

4番だけは長い軸の方が使いやすい。
しかし、お前も木人形のようだ(笑)。
先っぽの幅は詰めないことには使えないのである。

パイロットスクリュードライバー 016

拡大したアダプターの穴だが。
見てのとおりでファンネルとドライバーが干渉する。
軸を長くしても同じことで、ファンネルを斬るしか方法がない。
アダプター脱着時には取付ボルトが落ちやすく苛つく。
しかしファンネルの脱着は簡単なのでアダプター外さずともスクリュー調整できる
だけで全く違う。
何するにもばらす必要有り、ばらす箇所減らすだけで手間が減るのだ。
この辺は線繋ぐだけのインジェクションとは大違い。

まだまだ続く。

ラジアルマスター2016年08月16日 22時04分52秒

今アレをやっている。
まともにやれないのではという話であったが、一応はやれているようだ。
特に興味はないが、必然的に目に入ってくる。
それで思うこと。
体操では脇がボー(笑)。
それってどうやねん。
服からして非常に目立つのである。
さすがに女ではそんな奴はおらんが(笑)。

さて、死亡したマスターをどうするか。
またシール交換する方法もあるが、前の時よりも入手が難しくなっている。
そこだけではなく、他の部分にも消耗あることもわかっていた。
10年以上使っている。ここらが潮時か。
よって買い換えることに決定。

何にするかが問題である。
ストリート用ではレース用と同等の性能あるとは思えない。
レース用では選択肢ほとんどない。
ブレーキスイッチ等のこともあるし、同じ物でいくことにした。

正規品買うと高い。
平行物売っているのは知っていた。平行とバッタ物とは全く違うのだ。
一時オークションでは何でもありであった。
宇川のキャリパーなど。
なんで宇川なんやろ?(笑)。

誰がどう見てもブレンボ、などということは国内大手でもある。
ええ加減そんなことはやめたらどうだ。

買う物を決めたら次はどこで買うか。
輸入元の圧力か、平行といっても意外と少ない。というかほとんどない?
ここに決定。
割と大手であろうか。
正規と違って在庫はないので入手には時間が掛かる。
注文後待つこと1ヶ月。
これを待っている間にキャブを進めていたが、死亡したマスターでの走行は
危険と判断し作業が進まなかった。

ブレンボラジアルマスター 001

ブレンボラジアルマスター 002

ブレンボラジアルマスター 004

ブレンボラジアルマスター 005

ブレンボラジアルマスター 006

ブレンボラジアルマスター 007

ブレンボラジアルマスター 008

サイズは前と同じφ19x20。
バッタ物対策か、証明書付き。
各部品は前のを使うためばらしていく。

ブレンボラジアルマスター 009

ブレンボラジアルマスター 010

レバー外すには位置調整ダイヤルをまずは取るが、それを留めているピンを抜くのに一苦労。

ブレンボラジアルマスター 012

赤い物が気になる…

ブレンボラジアルマスター 013

赤い物はねじロックだった。
ひょっとして二度とばらされへんようにしているのか?
そうでもないような気もするが。

塗り方が大ざっぱなのではみ出たようだ。
機能上に影響はないが、さすがはイタリアであろうか。
はみ出た部分は可能な限り除去。

ブレンボラジアルマスター 014

分解完了。

ブレンボラジアルマスター 015

ブレンボラジアルマスター 016

ブレンボラジアルマスター 017

ブレンボラジアルマスター 018

ブレンボラジアルマスター 019

新旧比較。
刻印が異なることから、型が変わっていると思われる。
約15年の違い。
GPでは86年ぐらい!からさほど変更はなくこのタイプ使っているようだ。
なんという長寿部品。
調整ダイヤルピボットの消耗激しい。
写真はないがピストンを押す球体の消耗もなかなかである。

ブレンボラジアルマスター 020

スイッチの配置はおかしかったがこれで正常に。
ここの部品純正ではなかったということ。

ブレンボラジアルマスター 024

ダイヤルの固定は脱着を考えて割りピンに変更。

ブレンボラジアルマスター 022

ブレンボラジアルマスター 023

ブレンボラジアルマスター 027

ブレンボラジアルマスター 028

ブレンボラジアルマスター 029

各部組立、取り付けして完成。
さて試乗してみる。
同じ部品だが前よりコントロールしやすいように思う。
やはり消耗があったのだ。
修理するより買い換えで良かったといえる。

WPその6とホイールベアリングその52016年08月13日 20時40分04秒

その5より続く。

走行に向けてちょっとずつ準備している。
何気にサスを見る。
何か落ちたが?

ストロークセンサー 001

ストロークセンサー 002

落ちたのはストロークセンサー。
意外と保たんな。
角断面故に、動きにくいと思われる。
ないと困るのである。
付けるにはばらさないと無理らしい。
ばらすとオイルまみれに…

ストロークセンサー 003

イマイチと思いつつも、必然的にこうなる。

さて色々あるホイールベアリングである。
前は問題ないが後は問題多い。

50Rホイールベアリング 014

タイヤ交換していて異変に気づく。
これは…

50Rホイールベアリング 015

50Rホイールベアリング 017

ベアリング志望な感じ。
ハブがゆるゆるなのだ。
外輪は回っていないようだが、かなりきている。

50Rホイールベアリング 016

新品にするがそれだけではどないしようもないので接着剤で固定。
役不足な気するが、ともかく使ってみて判断したい。

原付故のチープさが原因と思う。
このホイール使い続ける限り付きまとう問題だろう。

吸気口拡大その8~鼻洗浄2016年08月11日 19時48分31秒

とある名簿に、知らん名前が。
ノリキヨ。
誰や。

消去法でいくと…

俺か!
いつの間にか犬神家になっていたらしい(笑)。

ジャギ06

その素顔は…(笑)。

その7より続く。

季節はとうに終わっているが、だから何も問題もないわけではないという事実。
鼻詰まりの理由は花粉だけではない。
詰まりではなく、吸気口経路の方が影響大と思うがそちらは個人ではどないしようもない。
よって詰まり対策に終始することになる。
要は鼻くそをいかに除去するか。
溜まらなければ何もする必要はないがそれはまず無理。

ハナノア 001

ハナノア 002

アルガード鼻洗浄液 001

市販品ある。
鼻くそではなく、花粉を洗い流す品物。
ハナノアは水の量で洗い流すが、アルガードは圧力で。
両方効果あるが、水の量が効くようで効果でいえばハナノアの勝ち。
しかし携帯性では逆となる。
値段は同じぐらいだが、量が必要なハナノアは厳しい。
毎日使うため費用も重要。
いずれも液体故に、外に激しく垂れるのは仕方ない。
そのため風呂場で使うとよい。

効果はハナノアだが、問題がある。
容器が悪いのか強く押しすぎると一押しでほとんど全部出てしまう。
その場合耳に負担が掛かる。
鼻と耳。そして喉まで繋がっているので医者では一括りとなっている。
液体が耳まで行くことはまずないと思うが、液体で圧縮された空気で耳を傷めるのだ。
気をつけていても何度もそうなった。
容器の欠陥である。メーカーが対策すべきこと。

どちらも高く付くので別の方法探っている。
鼻の穴よりはその奥のチャンバー内の詰まりが問題なように思う。
良い方法はないのか。

風呂場では鼻通りやすくなる。
そこで鼻をほじる。
傷める可能性あるので避けるべきかもしれないがそれぐらいしかない。
ほじりつつも、連発で鼻をかむ。これやな。ただですむし。
出先では濡らした綿棒を用いている。
これだけで相当変わるのだ。
安くて効果ある方法あればそちらに切り替えるがないような気するな。