EK 520SR-X2その22020年07月06日 22時12分31秒

アメリカ人はどうしてもマスクするのが嫌らしい。
インディで関係者全員マスク義務付けなのにしてないのがいた。
そんなもん付けるぐらいなら死ぬ方がマシぐらいではないか。
何故そうなのかネット上に解説があったが全く理解できなかった。
ともかく口が見えないとアカンらしい。
誰のためでもなく、自分のため。
何が嫌やねん。

しかし、口は隠したらアカンが目は隠してもいいらしい。
やたらグラサン付けたがるのだ。
レース中継のインタビューや表彰式でグラサンを外さない。
人前では取れや。
それはアメリカだけではなく、ヨーロッパも同様。
昔はそうでもなかったがいつからそうなったのか。
マスクしたら死ぬトランプでもグラサンはしない。
どういうことなのか。

日本でグラサン使う例は少ないが、マスク率の低下感じる今日この頃。
サンミツな感じの場所でも絶対していない奴、おる。
人により評価は違うようだが、かなり多いと思っている。
たぶん、これまでしたことないのだろう。
したら死ぬんやろ。
単に、マスク禁止教信者だったりして(笑)。

そういうのに共通項はない。
いや、一つだけあった。
揃も揃って頭悪そうなことが(笑)。

その1 より続く。

チェーン死亡。それにより交換を決めたわけだが。
チェーン、カムバック。
否。帰ってこんでエエわ(笑)。

さて、これまでの経緯によりチェーンの交換は自分ではしないことに決めていた。
というわけでバイク屋に向かった。

EK-520SRX2 012

さくっと交換完了。さすがにプロは手際が良い。

EK-520SRX2 013

ローラリンクに軽量化の穴加工が。
これはさらにふき取ったあとだが、油が結構ふき取られていた。
物によっては油まみれの場合がある。
さりげなく親切なのか。
さて死亡チェーンだが…

DID-520VX2 017

DID-520VX2 018

DID-520VX2 019

Oリングはどうやったらこんなんになんねん。
たて伸びのみならず横にも動く。
Oリングなくなれば当然か。

DID-520VX2 020

一度けちつくと、何もかもがアカンとみなされる。
写真ではわかりにくが、メッキが薄くなっている。
アカンわ、大同。
と思ったらバイク屋によるとメーカ問わずこんなものらしい。
失敗すると当然またするやろ、と思われる。
何もなければ許されたことでも、そうなると許されなくなるのである。
駄目の烙印とはそういうことだ。

車体を押してみると手ごたえが軽くなったような気がする。
タイRKかっちゅうねん。
それは錯覚ではないか。

EK-520SRX2 014

EK-520SRX2 015

走行してみた。
タイヤについている白い筋状のものはチェンオイルだ。
なかなかの飛び散りよう。
それを防ぐため、交換後相当奇麗にしたのだが。
スプロケットに油必要と思い、追加で塗ったがそれが裏目に出たのか。
ふき取りが甘かったのか。
それで転倒するかは不明である。

交換後走行しての違いはどうか。
その違いはわかりにくいが、アクセルのオンオフでの挙動変化が小さくなったように思う。
ガコガコしにくいということ。
スプロケットも消耗していれば違いはもっと明確だったはず。
大同は結構音がしたのだが、EKはさほどでもない。
無音ということはないが、静かなようだ。
エンジン的にチェーンへの負担が少ないためハイグレードなものは必要ない。
普通のシールチェーンで十分だろう。

考えにくいが、Oリング損傷はチェンオイルの可能性もある。
経過観察が必要だ。

EK 520SR-X2その12020年06月30日 22時20分48秒

とある場所はちょっとした森のようになっていた。
気づいたらそこの木は枝をすべて切られて無残な姿になっていたのだ。
何があってん。
下の草まで刈られて地面が露出していた。
そこまでするか…

暫しすると切られた枝から芽が出てきた。
枝切上等か。

さらに暫しすると…
葉っぱが結構生い茂っている。
地面が見えないほどに草もボーボー。
樹齢はそこそこいってそうだが、何という生命力。

色々とうまくいっていないというのは認めたくない事実。
そんな折であった。
木からそれがどないしてん、と笑い飛ばされたような気がした(笑)。

懸案のチェーンだが。
油さしていればOリング無と変わらない。
しかし、Oリングの損傷はどんどん進行して…
ある日ついにブチ切れた。大同のあほんだら!!
二度と使わん!!
チェーンオイルの可能性もなくもないが、実際にはあり得んだろう。
よって交換を決意した。
スプロケットはさほど消耗していないのはわかっていたが、基本3点セットで交換となる。

EK-520SRX2 002

チェーンはバイク屋推奨のEKを選択。
エンジン的にハイグレードである必要もない。
前回は金メッキだったが、やらしくて失敗したので銀メッキとした。
チェーン以外は前回と同じ物を用意した。

EK-520SRX2 001

飛び散らないチェーンオイルはないが、飛びやすいチェーンオイルはある。
元々はオフ用エンジン。それ故に泥詰まりを嫌って下側には開口がある。
メーカなんだからなんとでも出来るやろ…

EK-520SRX2 006

EK-520SRX2 007

ベアリングの状態が気になる。どのみちホイールを外すのであるから、チェックした。
ゴムの破片がある。シールがむしれたのか?
向こう物ゴムはイマイチな作りや。

EK-520SRX2 008

写真ではわかりにくが、新品と比較しても消耗はわずか。
2万3千キロ使用してこれか。なかなかの耐久性。
しかし、もちというのは手入れ次第なのだ。
当然乗り方もある。
9Rでも520に落としても2万キロもっていたのだ。

駆動側はどうか。こちらは固着必死で、緩める時にくるくる回ってしまう。
チャカでないと外すのは難しい。

EK-520SRX2 009

これまたわかりにくが、こちらもほとんど消耗していない。
側面の当たりがきついのは気になるが、他のSLもそうであるらしい。
車両の出来が悪いわけだ。

EK-520SRX2 010

EK-520SRX2 011

交換完了。前回の経緯からチェーンの交換は自分でやるつもりは全くなかった。

その2 へ続く。

人は間違う その22020年06月27日 20時22分33秒

世の中、激しく動いている。
止まっていた人の動きもほぼ前と同じとなった。
電車の中は混んでいる。しかし、観光地は別のようだ。
一時は奈良公園は人よりも鹿の方が多いぐらいだった。
今日、近くを通ったが、そこそこの人出であった。
それでもまだ明らかに少ない。中国人の関係か。

敵主力はまだ控えていると思っている。
マーク2がマーク3となり本格的な侵攻を開始するのだろう。
それに対する備えは。
そんな中、マスク率の低下を感じる今日この頃。
物事のとらえ方は人によりかなり違うようである。
何とも思わないのは何とも思わない。

今日バイクに乗ったが、違和感があった。
それに気づいた時に愕然とした。
マスクを忘れたのだ。
何も守りがないようで、恐ろしかった。
これも一種の依存症か。

その1 から続く。

ちょっとした間違いが重大な結末を招く。
かなりまずい状況であった。
今回改めてそれを思い知らされた。
ともかく対処が必要となった。
言うとどういうことないが、実際にそれをやると大変なのだ。
時間が経過するほどに制約が増えて対応が困難となる。

結果的には何事もなかったかのような形となった。
実際にやったのは俺ではないが。
一つの仕事するのにかなりの人数が関わっている。
内外問わずだ。
それぞれに役割があるということ。
俺には対処できないということでもある。
人間関係に問題があると孤立無援となることがある。
横柄な態度とる例がある。
そんな態度、扱いで人が動くか?
機械が勝手に仕事をしているわけではない。
人がやっているわけだ。
助けを期待して人と接するのはおかしいが、そういうことも考えておく必要がある。
俺が金払っているから何してもいいというような法務大臣の態度ではアカンのだ。

人は間違う その12020年06月18日 22時30分42秒

元大臣逮捕か。
あからさまな賄賂なのに遅すぎたと思う。
しかし、そうした理由はアベから必ず当選すべしとの指令であったらしい。
人は苦しくなると簡単な方法で解決を図ろうとするものである。
アベと関わると悲惨な結末を迎える。
モリモリ学園なんかと同じことだろう。

ある日のこと。会社で何やら騒いでいる。
何、騒いどんねん。
どうやら間違いがあったらしい。
誰や、間違えたのは。
それは…
俺や(笑)。

その間違いとは。
それを聞いて顔面蒼白、デスラー総統な俺。
ともかく対処が必要であるがどうするかが問題だ。
考えるだけと実際にやるのとでは全く違うのだ…
時間が経過するほどできることは限られてもくる。

一人で何でもできるわけではないという事実。
それ故に、それぞれの役割分担というのがある。
それが組織というものだ。
一人で全部できたら組織は必要ない。

考えるのと実際やる人間は異なる。
その方法を決定した。
言うだけなら誰でもできるが、その実行には困難が生じる。
ともかく、その目途はつけたのだ。
一人では対処不可能であった。

何で間違えてん、とは誰でも思うこと。
多分そうやな、と思うが確証はない。
ともかく、人間は間違うのだということを思い知らされた。
自分で間違えといてどうやねん、と自らに突っ込みつつそんなことを思った。

その2へ続く。